2021年9月13日月曜日

横手盆地で稲刈り

 


 真昼山地の麓、横手盆地で稲刈りが始まりました。例年より早い稲刈りです。真昼山地の山々から眺める広大な横手盆地は、黄金色に輝いています。田植え直前と稲刈り直前の風景は、一見の価値ありです。


 和賀岳では、紅葉が始まりました。まだ紅葉の初めですが、彼岸頃は見ごろとなるでしょう。10月に入ると1,000m付近の紅葉が見ごろとなるでしょう。


2021年9月9日木曜日

刈払い状況


 横手盆地は、垂れた稲穂が黄金色になり、早生の稲刈りが間もなく始まります。真昼山の頂上や薬師岳からの見る横手盆地は、黄金色に輝いています。


 刈払い状況

薬師岳肩~大甲  2020年秋刈払い終了

大甲~甲分岐   2021年6月刈払い終了

甲分岐~中ノ沢~鞍部  2021年6月刈払い終了

中ノ沢鞍部~風鞍   2022年6月刈払い予定

風鞍~南風鞍~川口県境  2021年8月刈払い終了

川口県境~鹿ノ子分岐   2021年9月中旬刈払い予定

鹿ノ子分岐~水無沢分岐  2021年6月刈払い終了


薬師岳肩~薬師平~小杉山  2021年9月下旬から10月上旬刈払い予定


 薬師岳から横手盆地と鳥海山

 

2021年8月31日火曜日

真昼山赤倉コース情報

 

 真昼山地も秋らしくなって来ました。麓の横手盆地では稲穂が垂れ始め、間もなく黄金色の田園へと変化します。9月の下旬には稲刈りが始まります。真昼山から見下ろす横手盆地は黄金色に輝きます。お勧めの光景です。


 赤倉コースの南沢は、落ち着いてきました。29日に、マーキングと補修をしましたので歩きやすくなています。刈払いも済んでいます。


 峰越コースとの合流地点から頂上までは、草が繁茂して朝露に濡れますのでゲーター(スパッツ)を着けることをお勧めします。

2021年8月25日水曜日

和賀岳・薬師岳情報

 

 真昼山地の麓、横手盆地では稲穂が垂れ始め、緑の海田園から黄金色の田園に変わろうとしています。

 

 和賀岳、薬師岳のお花畑も終わりに近づきました。


薬師岳のお花畑はタムラソウの見ごろです。タムラソウがなぜここに咲くのかは謎です。アキノキリンソウも見ごろです。


  たむらそうと小鷲倉(手前)、和賀岳(奥)


 花の季節がそろそろ終わりですから、来月、薬師岳から小杉山まで刈払いをします。薬師岳から小杉山までは、足元が見えにくくなっています。

2021年7月16日金曜日

薬師岳、和賀岳ゼンティカ(ニッコウキスゲ)情報

 


  真昼山地の梅雨明けは7月15日と判断していましたが、16日のようです。


 和賀岳山頂からの眺望 奥は岩手山、その手前右:朝日畚(羽後朝日岳)、その右:大荒沢岳。その右:根菅岳、その右:高下岳


 今年は花の開花が早く、薬師岳のゼンティカ(ニッコウキスゲ)、エゾイブキトラノオ(イブキトラノオ)は終盤です。明日、明後日


で、終わるでしょう。和賀岳も終盤になっています。来週の中ごろまでは楽しめるでしょう。


薬師岳とゼンティカ(ニッコウキスゲ)、エゾイブキトラノオ(イブキトラノオ)


  薬師岳のヤマルリトラノオ、エゾノヨロイグサが咲きは秘めました。ツリガネニンジン(ハクサンシャジン)も早いものは咲いています。来週末が咲き始めでしょうか。

 エゾノヨロイグサは太平洋側には多く、秋田県側では比較的少ないです。

2021年7月13日火曜日

薬師岳ニッコウキスゲ情報

 


 天気図を見ると、真昼山地は14日に梅雨明け宣言が出る可能性があります。夏山の最盛期になりました。


 薬師岳のゼンティカ(ニッコウキスゲ)が、満開です。週末には名残となるでしょう。エゾイブキトラノオ(イブキトラノオ)も満開です。特に今年は花も多く見ごたえがあります。ゼンティカ(ニッコウキスゲ)とエゾイブキトラノオ(イブキトラノオ)


の競演が素晴らしいです。和賀岳は週末から見ごろになるでしょう。


 和賀岳のゼンティカ(ニッコウキスゲ)が多く咲くのは、頂上から北斜面です。頂上から治作峠に向かう踏み跡がありますから、下ってみてください。今年は花も多く黄色に染


まっている思われます。


11日はガスの合間から満開の花々を見ることができました。

2021年7月1日木曜日

薬師岳ニッコウキスゲ情報

 


 真昼山地の6月は平年よりも雨が少ない状態でした。来週からは梅雨らしい雨の日がつづく天気図です。

 薬師岳のお花畑では、ゼンティカの蕾を多く確認できます。


 薬師岳のゼンティカ(ニッコウキスゲ)は咲き始め2分咲き程度です。蕾が多く確認でき例年より多くの花が期待できます。10日前後が見ごろとなるでしょう。和賀岳は1週間ほど遅れます。定期的に刈払いを行っていますので、登山道わきのゼンティカ(ニッコウキスゲ)も復活して来ました。エゾイブキトラノオ(イブキトラノオ)も5分咲き程度となり、間もなく見ごろになります。薬師岳はエゾイブキトラノオ(イブキトラノオ)とゼンティカ(ニッコウキスゲ)が一緒に咲く珍しいお花畑です。


 7月中旬になるとツリガネニンジン(ハクサンシャジン)、ミヤマトウキ、トウゲブキが咲き、薬師岳のお花畑は賑やかになります。